スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2015年03月24日

働かせ方に向


最近右向きゃ多様化、左向きゃ多様化と人権を武器に騒いでますね。

まぁだからと言って私は別に多様化を否定したいわけじゃないです。

時代が変われば生き方が変わるのは当然だからそれを否定するのは無理があります。

ただ、どう考えても個人のわがままを多様化という言葉を使って法律まで変えさせるのはどうなんでしょうね。

それからこれも最近よく聞く言葉だと思いますが、働き方の多様化。

確かに女性の社会進出が進んだりして人々は多様な働き方を求めていると思います。

そこで働き方の多様化という言葉が出てきたらなんかいい感じがしますよね。

でも、起業して自分一人で働いてるなら自由に多様な働き方が出来ると思いますけど基本的に雇ってもらってる人にそんな自由ってあるんですかね?

そこで今日の題名に戻りますが、働き方の多様化は視点を変えれば働かせ方の多様化じゃないんですかね?

しかも問題は雇われる側と雇う側のどちらの力が強いかといえば完全に雇う側ですよね?

ということは働き方が多様化するのではなくて働かせ方が多様化するんじゃないですかね。

つまり例え働き方が多様化したとしても働き方を決めるのは雇われる側ではなく雇う側なのではないでしょうか。

ただ、それでも働き方、働かせ方が多様化するならまだマシだと思います。

なぜならそれは現実社会を見れば明らかで現在非正規がどんどん増えて4割を占めているらしいです。

実際は多様化するどころか一つの働き方、働かせ方に向かってます。

でもそれは当然で雇う側は利益を上げなければいけないわけですから多様な働かせ方の選択肢があれば一番利益を上げる働かせ方で雇うに決まってます。

つまり働き方の多様化を求めるということは一つの働き方しか出来なくなる危険があるということです。

ただ、これをインフレ期にやるならいいでしょう。

それは前にもこのブログで言いましたけどインフレの時は雇用がたくさんあるので企業も一つの働かせ方だけでは人が集まらないからです。

でも、これをデフレの時にやると他に雇用がないから一つの働かせ方をさせられてもそれに従うしかない。

その働かせ方とは先ほども言ったとおり一番企業の利益になる働かせ方なので簡単に言えば雇われる側の賃金が下がるということでそれはつまりデフレを悪化させるというわけです。

ということは久しぶりにこの言葉を使いますが、結局働き方というのは手段であって目的ではないということです。

つまり今まで働き方の多様化が悪いことのように私は書いていますが働き方が多様化すること自体は良いことでも悪いことでもないわけです。

ただし、そのことを分かった上で議論をしないと雇う側の立場が強いという事実がある限り不幸になるのは常に雇われる側なのです。
  


Posted by hechengni at 18:06Comments(0)nierioto

2014年09月29日

僕の担当にな


息子のいつもの宿題のひとつに音読』があります。
週ごとに先生から配付されるプリントを親の前で毎日音読して、毎回親のサインをもらってくることになっています。そのメンバーの国籍からして言を待たず、我が家の場合、これを息子に聞かされる、いや、聞いてあげるのは、日本語を十分に理解しないさい君ではなく、僕の担当になります。そして、我が子のがさつな性格からして、これまた言を待たず、毎日読むことなどせず、大抵木曜日か金曜日の晩に、それまでサボった月曜からのものを『一気に4,5回親の前で音読する』ことになります。困ったもんです。

先日も、寝そべっていたら(僕は肥満体で動くのが億劫なので、家ではだいたい寝そべってます。)息子の急襲に遭いました
「パパ、おんどく!」
「また、溜めてたやつか?うん、わかった、わかった、読みたまい。」
こいつには、どうやったら、先生の指示通り毎日ちゃんと読むような丁寧さを身につけさせることができるんだろう、といつもながら親として暗澹たる気持ちなど抱きながら、付き合います。
「いくよパパ、とうすとのやきあがりよくわがへやのくうき、」
「え?なんだって?」
「もう、ちゃんと聞いてよ!!とうすとのやきあがりよくわがへやのくうき、・・・」
息子はかまわず、強引に読み進めます。けれども、何を言っているのか全然わかんないじゃないですか。
こいつ、また与えられた文章を理解せずに、いい加減に読んでるな、全く、いつになったら物事を几帳面にこなそうという自覚ができるんだろう、と依然と寝そべったまま父は、改めてアンタンたる気分を感じながら言いました。  


Posted by hechengni at 12:07Comments(0)nierioto

2014年06月05日

幸福駅に到


帯広に着きました。

やっと来ました。

とうとうやって来ました。

ついに愛の国愛国駅に到着しました。

無人の駅です。
券売機に“切符は下の店で売っています”と、貼ってありました。
駅から、やや下ったたばこ屋か雑貨屋のような店で切符を買いました。

友達や家族の土産として、そして何よりも自分の幸せの為、何枚も買いました。

駅に戻ると、改札に改札鋏(かいさつきょう)が、ぶら下がっていました。
鋏こん(きょうこん)は自分でやる、つまりセルフです。
今の中高生、いや、大学生は何のことやらと思うかも知れません。
今はほとんど、自動改札ですから。

現在の愛国駅は、周りも整備され、結婚式も行う恋人の聖地となっているようです。
ただ、願いの叶う滝でも札幌の時計台でも触れましたが、周りもそのまま残してくれるといいのですが。

私達が訪れたのは、幸福行きの切符ブームから何年も経った後だったので、観光客は少なく、寂れた駅の感じが余計に幸せの国へ連れて行ってくれそうな雰囲気を漂よわせていました。
今の駅は、当時を偲べるものではとてもありません。
あの、貼りつくされた物をきれいにするべきでしょう。
いくら、当時のものとはいえ、見る影も無いとはこの事です。

幸福駅に到着です。

記念撮影をしている私達に、手を振る人がいます。
ビックリしました。
網走から摩周湖まで一緒に観光した同級のあの人です。
今日当たりここに来そうだと、友達を連れ、会いに来てくれたのでした。  


Posted by hechengni at 11:04Comments(0)nierioto