2014年02月06日

Catherine de Médicis


最近のレストラン、フレンチよりイタリアンっぽいお店が増えて来ているようだ。
イタリアンと言うには、ちょっと憚れるが、行列ができるパスタの店を見ることも多い。

イタリア人がよく言うことだが、
フランス料理康泰領隊
所詮は、イタリア料理の亜流に過ぎない。
16世紀にイタリアのメディチ家から、フランス王アンリ2世に嫁いだカトリーヌ・ド・メディシス(Catherine de Médicis) が、お抱えの料理人を連れてフランス王宮に住むことになったことにより、
イタリア料理が姿を変えてフランス料理となった、と。
今でもよく聞く話の一つではある拉菲

フランス人は、そのような捉え方をしていなかったようだ。
料理に関するコメントではないが、
さきごろ見つけたフランスの小説家アンドレ・モーロワの著書に
カトリーヌ妃が嫁ぐことにより
「イタリア風の謀略や罰を受けない殺人、妖しげな決闘、毒手袋の風習などをフランスに導入した。そして、イタリアの傭兵隊長流とフランス騎士道が入り交じることにより奇妙な人間を作り出した」
とあった健康食品
イタリアがもたらした風習について、かなり否定的な表現がなされている。


同じカテゴリー(はひつせ)の記事画像
小鳥は脚に
風景を感じ
同じカテゴリー(はひつせ)の記事
 小鳥は脚に (2014-06-05 10:50)
 後悔というも (2014-04-07 16:06)
 風景を感じ (2014-02-06 15:55)

Posted by hechengni at 15:53│Comments(0)はひつせ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


削除
Catherine de Médicis
    コメント(0)